<< web2.0 | main | いい一日 >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


組合はリーズナブル

例えば、退職の際、残っている有休の消化を申し出たりする。

大企業では想像もできないことだけど、病院では

「そんなのみとめられない」

が、結構まかりとおってたりする。
そんなときどうするかだけど、極端な話
「有休を消化します」と宣言して行かなければよい。

どうせやめるんだから人間関係もくそもないしね。

でも、自分が汚れたくない、だから代理人をたてよう、ということで、
例えば弁護士に頼む(実際そんな人はいないだろう)とします。

弁護士にしてみれば多分、電話1本5分ですむ事件です。
ただ、それを金額に換算すると、

平均賃金(ではない場合もあるが)×取得日数 なので、へたすると数十万円。
弁護士の成功報酬は多分十万円くらい?

ま、これがしっかりした組合があるところならば、何の問題なく
「退職するなら有休組み込んどく」
となってるかもしれません。

そういう意味では、憲法で権利を保障されている
労働組合の力は本当にすごいと思います。

あとは、その力をどう生かすかです。

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • 08:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック