<< 草刈り | main | 犬 >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


教職共闘

大学の教員というのは、いわゆる「学者」である。
それに対して、職員というのは、ただの事務員的存在であった。

ということで、教員>職員 という厳然たるヒエラルキーが存在するのは
自然の道理である。

であるから、職員は教員に物も言えず、教員は聞く耳持たず、
かくして両者の間には陰湿な溝が存在してきたのだ。

そんなことが関係してか、現在の大学職員論では、
鬱屈した職員の立場からの「教員何するものぞ論」的なものが多いような気がする。

前置きが長いが、この非常事態、要は教員、職員という職責にこだわらず、
ともに手を携えて努力するべき時期なのではないかと。

戦う相手は法人であり、国であり、学生であり、実は目の前の教員・職員であるかも
しれないのだ。

だから、学内なんかで争っている場合じゃないんですよ。

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • 22:13
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM